〒310 0011 水戸市三の丸2−11−11 
  電話 029 233 5511  FAX 029 233 5511 
to WEB 管理人←to Web 主任 to 新社会党茨城県本部総務局←to 総務局
あなたが人の同志です
護憲 平和 広範な人々の幸せを求めて ともに! 

新社会党いばらき ホームページにようこそ 

改憲阻止の共同戦線を打ち固め 

平和と共生の21世紀を創造しましょう

憲法を生かす共同政府実現 みんなのページです。

党建設  紹介  議員団  週刊新社会茨城  自治/国政/国際  労働運動  政策/評論  リンク  記録

「地域の命考えてない」
  原発再稼動・経産相要請に義憤
    村上東海村長 脱原発も示唆

 東海村の村上達也村長は6月22日の定例会見で、
経済産業相が一部地域の原発を再稼働するよう求め
たことについて「福島第一原発事故の原因究明も、収
束もされていないのに経済や産業ばかり優先してい
る。立地地域の命を考えていない。こんな国は原発を
持つべきではない」と強く批判した。
 原発を抱える自治体が国から手当をされる交付金に
頼っている実情について、「その意識から脱却しない
と。子どもたちの安全と交付金は等価交換できない。
村の予算に占める交付金の比率はそこまで高くはな
い」と脱原発≠示唆する発言もあった。
 経産省の原子力安全保安院が今月中旬に緊急安全
対策の現地調査をしたことについては「表面的だ。地
震列島の日本で、どうして浜岡以外は安全と言えるの
か?」と国への不信感をあらわにした。
 11月まで定期点検中の日本原子力発電の東海第二
発電所(同村)に対し、東日本大震災による影響も不
明なため国から再稼働の要請は来ていない。
 村長は同発電所周辺に国内の原発がある地域で最
多の人がいることにも触れ、運転再開には慎重だ。
「原発を規制する立場の保安院を経産省から分離独立
させ、防災計画の見直しをすることが必要だ」と述べ
た。
copyright all reserved by @新社会党茨城県本部




Pressサーチ(調べる)  Google Japan 新社会党 インターネット上のメディア・報道機関の配信する最新情報がご覧になれます

WebLog鉛筆 Google Japan 新社会党関連(=問題意識はさまざま) 最新ブログがご覧になれます